スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NISAって良いことばかり?

今回はNISAについて触れたいと思います。

最近銀行に行っても「NISA相談受付中」等のポスターが貼ってあったりしますね。
NISAについて、詳しくは、剛力彩芽ちゃんのNISAラクラクWEBや、各種銀行・証券会社が説明してくれていますので、私のブログでは詳細は載せません。


「NISA」と調べると、上限100万円・最長5年間・口座は一人一口座・最長4年間は口座を変更できないなど、色々条件がありますが、利益が出た場合(分配金が出た場合)に非課税となるのは大変おいしい話です。

軽減税率の特例措置の終了により、現状10%の税金が平成26年1月から20%になります。
(復興特別所得税を含めると20.315%)

例えば、10,000円の配当金が出ると、平成26年1月からは2,031円の税金が課税されますので、実際に手元に入るのは7,969円となります。
10,000円のうちの2,031円って結構大きいですよね。
こちらが非課税になるのは大変嬉しいことです。

ただし、NISAの非課税制度を満喫できるのは「分配金」や「売却時に利益が出た場合」です。

では、損失が出てしまった場合にはどうなるのでしょうか?

その投資がNISA口座ではなかった場合(特定口座や一般口座の場合)、確定申告により損益の通算ができます。
他の投資で出た利益と通算して税金を払うことになります。

・A社株式100万円の利益
・B社株式50万円の損失
A社株式の利益100万円-B社株式の損失50万円=50万円 について税金がかかるので、
50万円×20.315%=101,575円が税金となります。

特定口座では税金は源泉徴収されますので、損失を通算できるということは、源泉徴収された税金が多少なりとも戻ってくることになります。

しかし、NISA口座は損益の通算ができません。

上記の例で、B社株式がNISA口座だった場合
・A社株式100万円の利益
・B社株式50万円の損失(NISA口座)
A社株式の利益100万円に税金が課せられます。
100万円×20.315%=203,150円が税金となります。

他の投資で利益が出ても、その分は丸々税金が課税され、NISA口座の損失分は諦めるしかありません。

また、他に投資をしていない場合(通算する損益がない場合)や、損益通算後に利益が出なかった場合(損失のほうが大きかった場合)には、特定口座もしくは一般口座の場合には、その損失を3年間繰り越すことができます。
3年の間に、他の投資で利益が出た場合に損益を通算することができます。
NISA口座は損失を繰り越すことはできません。
やはり、損失が出た場合には諦めるしかありません。


少額とはいえ、投資ですから、ある程度のリスクを考えなくてはいけません。
100万円が上限だからといって、1箇所に100万円ガツンと投資してしまうと、そのリスクも大きくなります。

ハイリターンを求めハイリスクを負うのか、分散投資で損失にも備えるのか、正しい知識と情報を身につける必要があります。

「非課税」という言葉に惑わされず、きちんとリスクも理解した上でNISA口座での投資を始めましょう。


では、実際にNISA口座で投資を始める際の注意点をまとめておきます。

①銀行や証券会社によって取り扱う商品が違います。自分が購入したい株式等があるのかを確認しましょう。
 また、銀行や証券会社によって手数料が異なりますので、こちらも要チェックです。

②一度開設した口座は最長4年間変更することはできません。
 購入したい株式が他の銀行にあった場合や、手数料が高いから銀行を変えたいと言った場合でも、簡単には変えられません。

③非課税枠が余った場合でも、翌年以降に繰り越すことはできません。
 一年100万円(※)が非課税の枠です。60万円しか投資せず40万円枠が余ったからといって翌年140万円までの投資が非課税になるわけではありません。
 ※投資額が一年100万円です。利益等の上限が100万円ではないので、極端な話、100万円の株式を買って500万円で売れば400万円の利益が非課税の対象です。

④購入した年に売却した場合でも非課税枠が復活することはありません。
 一年内に100万円投資して100万円分売却した場合には、すでに一年100万円の枠を使い切っていますので非課税枠は無くなります。

⑤現在所有している株式等をNISA口座へ移すことはできません。
 所有している株式等と同じ株式等でNISAの非課税制度を利用したい場合は、一度売却してNISA口座で新しく購入する必要があります。


あとは、先述いたしました、損益通算ができないことと、損失の繰越ができないことでしょうか。

簡単に注意点を載せてみました。

今回の非課税制度の導入で、今まで全く投資に興味が無かったけど始めてみようかなと思った方もいらっしゃるかと思います。
実際に取引する際には、NISAについてだけでなく、投資についてよく理解した上で始めるようお願い致します。

現在保有している有価証券をNISA口座へ変更すべきかなどの個別相談に応じますので、お気軽にお問い合わせください。

よろしくお願いいたします。
税理士法人総合会計事務所
総務 田谷真弓
HP http://www.sogo.or.jp/

スポンサーサイト

10月になりました

10月はさいたま市は雨のスタートでした。

去年より秋刀魚のお値段が高くて、なかなか秋の味覚を楽しむことができません。
だいぶ秋らしくなってきましたが、まだまだ暑い時もありますので、
皆様、体調には十分お気をつけください。

10月の税務は以下の通りです。

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
・9月分源泉所得税の納付(10/10)
・8月決算法人の確定申告(法人税・消費税等)(10/31)
・2月決算法人の中間申告(10/31)
・11月、2月、5月決算法人の消費税等の中間申告(年3回の場合)(10/31)

・個人の道府県民税、市町村民税の第3期分納付

・労働保険料第2期分の納付
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

今月は労働保険料の納付があります。
口座引落を選択されている場合には、引落口座の残高にご注意ください。


ちょっと雑談ですが、中間申告についてお話を。

中間申告には2通りの方法があります。
1つは、前事業年度の法人税額を基礎として、予定納税額を計算する予定申告です。
もう一つは、仮決算を組んで通常の申告と同じように、6ヶ月分の利益または損失に基づいて
所得金額および法人税額を計算する中間申告です。

手間や時間を考えたら、予定申告がほとんどですね。

ただし、予定申告は前事業年度の納税額の6ヶ月分
(前事業年度が1年なら納税額✕6/12ヶ月分、1年に満たない場合は納税額✕6/前事業年度の月数)
を必ず納めなくてはなりません。
(予定納税額が10万円未満の場合は、中間申告の必要がありません。)

当期が明らかに赤字で、法人税を納める可能性が絶対になくて、予定申告でも納税したくない場合には、中間申告で申告することも可能です。

では、中間申告をしなくてはならないのに、うっかり忘れてしまった場合はどうなるのでしょうか。

その場合には、中間申告(予定申告)をしたものとみなされます。
つまり、実際には申告はしていないけど、税金が発生している状態になります。

しばらくすると、税務署より納付書が送られてきますので、支払わなくてはなりません。
この場合は、期限後の納税となりますので、延滞税等が加算されてしまいます。
なので、十分注意が必要です。

と言いましても、中間申告が必要な場合には、税務署や市町村から申告書や納付書送られてきますので、郵便物のチェックをしていれば、忘れることはないと思います。

ただ、ちょっと早めに送られてきたりしますので、その辺にポイしてしまうと、
いつの間にか申告期限が来ていたということにもなり兼ねませんので、ご注意ください。

それでは、よろしくお願い致します。
税理士法人総合会計事務所
総務 田谷真弓

小さなことでも何でも相談ください。
お待ちしております。
http://www.sogo.or.jp
09 | 2013/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

総合会計総務

Author:総合会計総務
総合会計で総務をしております。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。