FC2ブログ

税理士法人総合会計事務所 ブログ

埼玉県さいたま市にある会計事務所です

Top Page › 日記 › 差額消費税等3%の請求書
2014-05-13 (Tue) 15:21

差額消費税等3%の請求書

ゴールデンウィークが終わりました。
当社は暦通りなので、そんなに長い休みではありませんでしたが、皆様如何過ごされたでしょうか?
長い休みの後の仕事は、ちょっと辛かったりしますが、大丈夫でしょうか。

さて、休み明けにちょっとおもしろい請求書が届きました。

2014/4 差額消費税等3% 請求額 49円

インターネットで調べものをしていると、
「差額の消費税だけ請求されるわけないでしょ?」
という文を見かけました。

請求されますよ。

今回は、平成25年5月20日に請求された保守料 年間20,000円(税抜)
の契約期間が、平成25年5月~平成26年4月まででしたので、
平成26年4月分の1ヶ月分のみ消費税等8%の計算になりますので、増税の3%分請求しますよ、と言うものでした。

20,000円×1/12ヶ月=1,666円

こちらが、当初の請求だと5%で計算していましたので、実際に支払った1ヶ月分の保守料は1,750円(年間21,000円(税込)支払ったので21,000×1/12ヶ月=1,750円)。
でも平成26年4月分は8%で計算しなくてはならなかったので、実際には1,799円(1,666円×1.08=1,799円)払わなくてはなりませんでした。
差額の49円の支払い不足ですね(1,799円-1,750円=49円)。

金額の大きい請求書もビックリしますが、49円の請求書にも少々驚いてしまいました。

さて、仕訳はどうしましょうか。

◯◯◯◯◯ 49円/普通預金  49円

普通預金から引き落とされるけど、相手勘定は何になるでしょうか?

この場合は、消費税5%だった保守料を8%に修正しなくてはなりませんので、差額消費税のみの金額では仕訳はきれません。

1ヶ月分の保守料の消費税率の修正という形になりますので、
保守料 1,799円(消費税率8%)/保守料 1,750円(消費税率5%)
               普通預金  49円

こんな感じでお願いします。

4月末日の支払準備をしていた際に、請求書を見て、「これは5%、これは8%…これはどちらかわからないから聞いてみよう」と一つ一つ確認していました。
ほとんどが消費税率5%でしたね。
4月末日払いはほとんどが3月分ですからね。

5月に入ってからも、まだ消費税率5%の請求書が届きますのでご注意ください。

消費税率が8%に落ち着くまでもう少し時間がかかるのかなと思っています。

それでは、よろしくお願い致します。
税理士法人総合会計事務所
総務 田谷真弓
スポンサーサイト



最終更新日 : -0001-11-30